読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるキャリママの暮らしの手帖

庶民派ワーキングママの雑記

熱海で骨休め

日常

夫婦で銭湯好き、温泉好きで、子どもが生まれる前は、宮前平の湯けむりの庄や祖師谷大蔵の温泉によく行っていた。

子どもが生まれると生活が一変、私は近所の銭湯に行くどころか家の風呂にもゆっくり入る余裕がなくなった。

2歳を過ぎてようやく落ち着いてきたので、そろそろ泊まりで温泉行きたいねえと話していたら、夫が熱海にある世田谷区の保養施設のホテルを予約してくれた。

 

熱海は何度か行ったことがあって、正直言っていまいち魅力に欠ける。

でも今回は温泉に入ってゆっくりすることが目的なので、近場の熱海にした。

熱海へは品川から新幹線で行く。

大人なら在来線でのんびり行くのもいいが、落ち着きのない2歳児連れとなるとそうもいかない。

実際、娘は新幹線に大興奮だったが、車中ではジュースを飲んだり「アンパンマンをさがせ」に夢中で、熱海までの40分はあっという間だった。

ちなみに「新幹線お出かけきっぷ」というのがあって、品川ー熱海間往復が一人5,450円とお得だ。

 

ホテルは梅園のすぐそばで、高台に位置している。

夫が電話で問い合わせしたときは、海側の部屋は土曜宿泊はしばらく空いてなく、特別室なら空いていた。

予約センターの人の「新幹線も見えます!」とのプッシュもあって特別室にした。

部屋に入るとたしかにすごくいい眺め。やっぱり海側にしてよかった。

f:id:majolog:20170306144635j:plain

貸切露天風呂があるので、予約して夕食前に家族で入った。

お湯が少し熱めで、娘は足を入れてすぐに「あちぃ~」といって入ろうとしなかったが、水道があったので水で調節して入ることができた。

このあと、大きい風呂では水でうめられないため娘は全然入ることができなかった。貸切風呂に入っておいてよかったね。

翌日はチェックアウトが12時と遅めなので、朝食のあとにも温泉に入り、ゆっくり過ごすことができた。

ホテルを出て、隣接する梅園へ散歩がてら向かう。梅まつりの最終日で、ぱらぱらと咲いている程度だった。勾配のある地形で、梅の見頃はさぞかし美しいだろう。新緑の時季も気持ちよさそうだ。

 

その後、上司のおすすめスポットである来宮神社へ。

夫の「それほど遠くないから」を鵜呑みにして歩き出したが、娘が抱っこをせがみ、おまけに寝に入ってしまった。

夫がかわろうとすると「ママがいい」と言って泣いて暴れるので、神社までずっしりと重い娘を抱っこしたまま必死で歩く。タクシー乗ればよかった。。

神社の境内に入ると、凛としたお社の姿に娘も目が覚め、「神社いくの」と自分で歩き出してくれた。

f:id:majolog:20170306144714j:plain

来宮神社といえば御神木の大楠だ。まるで巨大な岩のような姿は神々しくもあり見ごたえがある。今の時季でも青々と茂った葉が清々しい。

f:id:majolog:20170306144820j:plain

熱海には何度か行ったことがあるといいながら、来宮神社のことはよく知らなかったよ。ごめんなさい。

なるほど人気スポットなだけはある。境内はきれいに手入れされ、ちょっとしたカフェもある。私たちも、おしるこや甘酒を飲みながらお社を眺めて一息ついた。

お守りなどの小物も充実していて、上司が言っていたとおり女性にはうけそうだ。

 

その後バスに乗って熱海駅へ戻り、新しい駅ビルで昼食をとった。

1年半ほど前に来たときは工事中だったんだろうな。大きくないけど、この駅ビルができて雰囲気がだいぶ明るくなった。

ただ、3Fのレストランフロアの女性トイレは長蛇の列! ちょうど昼時だったせいもあるけど。

女性トイレの隣にあるベビールームは広めで、調乳用のシンクもあったから、赤ちゃん連れには親切だと思う。

 

久しぶりの温泉旅行で、やっぱり何回もお風呂に入ったうえに幼児連れだから、帰りは疲れが出る。

大井町線では夫と娘はぐっすりで、私もうとうとしていた。二子玉川で乗り換えだけど、迷わずタクシーに乗った。

旅行は疲れる。だけどやっぱり行きたい。近場なら、今度は夏に伊豆あたりはどうか。

娘がもう少し大きくなったら、九州まで足を伸ばして観光列車に乗りたいものだ。

 

ところで世田谷区の認可保育園提出書類の件

子育て

認可保育園の利用者は毎年「継続利用届」を出さなくてはいけない。

「来年度もひきつづきこの保育園を利用しますよ」という意思を区に届け出る書類で、12月頃に保育園を通じて保護者に配布されて、1月下旬が締切だ。

子どもが生まれてからキャパオーバーになっているせいか、または老化によるものか、1年前の記憶もあいまいな私は「ああ去年も出した、“継続します”に〇つけるやつね」と適当にあしらい、封を開けないまま放置していた。

年が明けてしばらくした頃、「そろそろやっておかないと」と鞄に放り込んであった封書を会社で開けると、何枚もの書類が出てきた。

 「家庭状況届」は入園申し込みの時にも出したやつだ。。また書いて出すんだっけ。

父母の氏名のほかに、勤務先の名前と住所・電話番号や仕事内容、通勤時間、通勤経路、それに採用年月日。。

め、めんどくさい。採用年月日なんて、大学卒業してから今の会社にアルバイトで入って、その後社員になった私はちゃんと覚えていないよ!

「去年のやつをコピーしておくんだった」。ぶつぶつ言いながらなんとか必要事項を記入する。

次は。。「勤務証明書」。え? これって、去年も出したっけ? 勤務先の変更がない人は出さなくていいんじゃなかったか?

どうやら今年から提出書類が変更になったらしい。勤務先に変更がない場合でも提出が必要です、と注意事項に書いてある。

待機児童がなかなか減らない状況下で、偽装就労とかで不当に利用することがないようにチェックを厳しくしたのかな。

 

 「勤務証明書」は、勤務先の総務または人事担当者に記入してもらったり、代表者印をもらう必要があるから、ちょっと大変だ。

いつもお世話になっている経理のNさんに面倒をかけまいと途中まで書いてみたんだけど、結局わからなくなってNさんのところに駆け込む。

Nさんは「どれどれ」といった感じで、ママ社員の産休・育休・時短関連の書類の控えが綴じられたファイルを取り出して確認してくれた。

私が途中まで記入した部分は間違いもあって、訂正を入れるとぐちゃぐちゃになってしまうので、Nさんが区に電話して、ホームページにアップされているPDFをプリントして書き直してもいいか聞いてくれた。Nさんすみません、ありがとうございます!

「こういうのは大事よ。ちゃんとしておいたほうがいいわよ!」とNさん。本当にそのとおりです。

来年また慌てることがないよう、今回の書類はスキャンしてデータ化して保管した。